最大17社
一覧表

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
17会社

アクサダイレクトの特長

<アクサダイレクトのお勧めポイント>

・補償内容により、「フルカバータイプ」と「スタンダードタイプ」の2つのタイプから選ぶことができる

・フルカバータイプは、補償内容が広く、接触・当て逃げなどのトラブルもカバー

・スタンダードタイプは、天災、相手のある事故の場合に限定して補償のため、料金が安くなる

車両保険とは、事故や天災などにより、契約車両が何らかの損害を受けた時に、修理費用などが支給されるというものです。アクサダイレクトには、「一般車両(フルカバー)」と「クルマ対車+A(スタンダード)」の2つのタイプがあり、それぞれ補償される事故の範囲と料金が異なります。

「一般車両(フルカバー)」は、火災や盗難、台風や洪水、他人の自動車との衝突や接触時(相手を確認、未確認に関わらず)、相手を避けようとして起こした事故時、相手のいない単独時、運転ミスによる単独事故、当て逃げやいたずらなどもカバーしています。つまり、あらゆる事故から、大切な愛車を守ってくれるプランであるということがいえます。しかし、その分、料金は高くなります。

これに対し、「クルマ対車+A(スタンダード)」は、事故の相手が確認できなかった場合や、単独事故などの場合には、適用されません。つまり、車両が何らかの被害を被った場合でも、こちらのタイプでは、保険金がおりないケースがあるので、加入の際には注意が必要です。

どちらのタイプを選ぶかは、契約車の年式や車種などにもよります。例えば、新車を購入したばかりというのであれば、迷わず車両保険を付ける人が多いでしょう。反対に、年式が古く、もうすぐクルマを買い替えようと思っている場合などは、特に必要ないかもしれません。



矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。