最大17社
一覧表

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
17会社

自動車保険との関係

自動車保険との関係について考えてみましょう。

車両保険は、契約している自分の自動車が偶然の事故によって損害を受けた場合に、保険金が支払われます。

自動車同士の接触・衝突事故、火災・爆発、台風・洪水・高潮、盗難、落書き・窓ガラスの破損などのいたずらをはじめ、騒じょうなどの暴力行為、物の飛来・落下、当て逃げ、単独事故、転覆、墜落などによる愛車の損害をカバーしてくれる、頼りになる自動車保険です。

しかし、車両保険には

「一般車両保険(一般タイプ、一般条件ともいいます」

「車対車+限定A特約(限定タイプ、エコノミー+Aともいいます)」

があって、どちらを選ぶかによって補償範囲も金が金額も違ってきます。料金にどれだけの差が生じるかは車種や契約条件によって違ってくる仕組みです。

ちなみに「車対車+限定A特約」の場合、ドライバーの運転ミスによる単独事故や当て逃げをされたときの損害は補償されないため、料金がよりリーズナブルになります。単独事故も当て逃げも、損害賠償金を支払ってくれる相手がいない事故ですから、会社にとってリスクの高い損害というのが事実です。それを外せば安くなるのは、考えてみるとおわかりになるでしょう。

一般的に、車両保険の保険料部分は「一般車両保険」と「車対車+限定A特約」とで、約2倍の差が生じるようです。

単独事故・当て逃げには、対向車を避けようとしてその自動車に接触せずに電信柱などに衝突したケースや、車庫入れに失敗して自動車をぶつけたケース、駐車場にクルマを止めて買い物をしていた間に他の自動車が車庫入れに失敗してぶつけ、そのまま逃走したために相手を特定できないケースなども該当します。

しかし、これらの事故で保険を使うと、ノンフリート等級が3つ下がることから翌年以降の料金が今に比べて大幅にアップします。

比較・一括見積もり

あなたは今の会社の料金・サービスに満足してますか?

もっと安くなります!あなた次第ですよ♪



矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。