最大17社
一覧表

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
17会社

料率クラスについて

車両保険の料金を決める重要なポイントは、料率クラスです。

料率クラスとは、車の年式や型、グレードなどによってそれぞれ段階分けするもの。クルマを9つに料率クラスに段階分けをし、この数字が大きくなるほどグレードの高い自動車と認識されるので、そのために料金は上がってきます。

その車が事故をおこす確率が高いと認識された場合や、事故によって発生する修理費用が統計上で高額と認識された場合には、料率クラスが高く区分されているというわけです。

例えば、高級車が事故となった場合にその修理代金は、一般のクルマよりも高くなるのが普通です。他にも車種別でも区分されています。

また、スピードが出る車と出ないクルマでは異なります。と同時に、排気量が大きい車と小さいクルマでは違います。

しかし、料率クラスは、自動車の性能や排気量だけで決まりません。クルマを運転する人の年齢が大きく関わってきます。年齢が若い人はスピードを出したがる傾向にあり、交通事故を誘発する確立が高いとされていますので、車両保険の料率クラスが高いようです。

クルマの排気量については車両保険の料率クラスは以下のとおりです。まず、クルマの排気量別保険料率は、賠償料率クラスでA、B、C、Pの4段階で区分けされ、車両料率クラスは9段階の区分けがあります。これらの区分けは現在のように自由化になる前からありました。

型式によって1〜9という9段階のクラスに分かれていますが、永久的にその型式がそのクラスではありません。

前年に交通事故が多かった型式という認定になれば、翌年は料率クラスが上がることもあり、また交通事故が少なければ、翌年は料率クラスが下がる可能性もあります。車両料率クラスと違い、賠償料率クラスは交通事故の多い、少ないで変化することはありません。

比較・一括見積もり

あなたは今の会社の料金・サービスに満足してますか?

もっと安くなります!あなた次第ですよ♪



矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。