最大17社
一覧表

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
17会社

免責について

「免責部分」についてご説明します。

イザという事故のとき自己負担額に関わることなので、よく理解しておきましょう。

まず免責とは、会社から見て「責任を免れる」という意味になり、その部分は保険金を支払わない、また契約者側から見て「自己負担する金額」ということです。通常、車両保険において、各社の引き受け条件に基づき免責金額が設定されています。

具体的には、見積りやパンフレットに免責として「1回目0万円・2回目以降10万円」、「1回目5万円・2回目以降10万円、免ゼロ特約付帯」、「5−10」といった具合に掲載されています。

この場合の1回目・2回目以降というのは、現在の契約期間中に事故で保険を使う回数のことになります。

例えば「1回目5万円・2回目以降10万円」という条件の車両保険付帯で、単独でガードレールにぶつかり自分のクルマの修理費用が15万円の場合は、それが1回目の事故であれば5万円を契約者が自己負担することになり、保険からは残りの10万円が支払われます。

また単独事故ではなく、相手にも過失のある事故のような場合は、免責の部分は相手から支払われる場合もあるのですが、基本的には自己負担する金額と認識しておくほうがいいと思います。

次に「免ゼロ特約」とはクルマ同士の事故で、相手が確認できる場合でしたら1回目の事故については自己負担がゼロになるという特約のことをいいます。ただし、当て逃げや単独事故などについては自己負担が発生するので注意しましょう。

なお、運転に不慣れな人が運転する場合や、狭い道や狭い駐車場を頻繁に利用する人は、一般条件で免責「0−10」がベストです。

一般的に免責金額の設定を低くすれば、万一の場合の自己負担額は小さくなるのですが、その分金額もあがります。ですので、免責金額と保険料のバランスを考えるのがポイントです。

比較・一括見積もり

あなたは今の会社の料金・サービスに満足してますか?

もっと安くなります!あなた次第ですよ♪



矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。