最大17社
比較一覧表

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
17会社

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。

車両保険とは

車両保険とは、被保険自動車の修理代を担保することをいいます。

修理費用・自力走行不能なときのレッカー代(現場から一番近い工場まで)などがカバーされます。

車両保険の適用範囲には

「交差点で出あい頭の衝突」

「駐車場で当て逃げ」

「ガードレールに突っ込んで、自動車が大破」

「駐車場から愛車が盗まれた」

といった被害による損害に、対応してくれます。つまり、車両保険とは自分のクルマのための保険なのです。

金額は、契約するクルマの年式や種類によって違います。価格や事故率の高いクルマほど、料金も当然高くなります。

金額の決定には自由度はないものの、補償範囲は自分で選択可能です。適応範囲や免責の設定を変えることによって、料金が大きく変わっりますから、契約前には車両保険についてをしっかりと勉強しましょう。

まず、「一般車両保険」の補償範囲は、設定された7種類の損害すべてを網羅しているということ。料金はその分かなり高くなりますが、自分のミスで起こした単独事故や、当て逃げによる損害にも適応されます。

これよりランクを落とした車両保険は、一般車両保険の内容から単独事故と当て逃げを除き、盗難のほか走行中に前車の跳ね上げた小石で窓ガラスが破損したようなケースなどが、適応範囲です。

料金は一般車両と比べるとかなりリーズナブルになります。「当て逃げや、自分のミスで事故を起こしたときは自腹でいい」と思える人なら、このプランで十分だと思います。さらに安いプランの場合は、他車との接触などによる損害だけしかカバーしていないこともあるようです。

この場合、盗難による補償を受けることができないので、高級車や人気モデルに乗っているドライバーは、十分な検討が必要です。

車両保険の比較・一括見積もり

あなたは今の車両保険保険料・サービスに満足してますか?

車両保険はもっと安くなります!あなた次第ですよ♪



矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。

車両保険情報